いい仏壇でクーポン発行&お仏壇のご成約で 最大10万円分のギフトカードを贈呈!

ペットの遺骨や墓じまいに、「ペットの自宅墓制作と散骨」が解決!

ペット火葬・葬儀が一般的になってきました。ペットの移動火葬車も見かけるようになってきました。火葬後は遺骨を返骨してもらう方が大多数のようです。自宅で49日ご供養されているのですが、その後どうすればいいかわからない?このお悩みを解決するのが「ペットの自宅墓制作と散骨」サービスです。

遺骨を自宅で供養するためには、きちんと洗浄・消毒・密閉しなければ、長期間保存する事はできません。

「ペットの自宅墓制作と散骨」サービスは、当社独自の処理の後、高級クリスタル墓に納め、残ったご遺骨は自社ボートから散骨代行するトータルサービスです。

「ペットの自宅墓制作と散骨」サービス
目次

ペット火葬後の遺骨はどうされているのでしょうか

大手ペット霊園で火葬した後の遺骨は、全体の8割前後の方が持ち帰られるです。また、移動火葬車を運営する葬儀社などでは、火葬した後の遺骨はほとんど返骨されているようです。

その理由は何でしょうか?

  • ペットは家族の一員というかけがいのない存在になってきている
  • 移動火葬車の普及(1~2万円で火葬)により、火葬後手元に引き取る
  • ペット霊園、施設が近隣にないため、とりあえず遺骨を自宅に置いている
  • 先々に人と同じ墓へ埋葬する(ペットと一緒に入れる墓が増えている。)

などが考えられます。

買主の意識について

遺骨を持ち帰る買主の意識は、

  • ただただ離れがたい・・・
  • なんとなく持ち帰った・・

という方が多く、結果的に自宅に安置している傾向があるようです

墓じまい

霊園に安置している方はまだまだ少数派なのですが、これ以上お金をかけられない・・遠くの霊園に手をかけるのが大変・・などの理由から、遺骨を持ち帰り、いわゆる”墓じまい”される方もいるようです

自宅に持ち帰った遺骨の供養方法としては、

  • ずっと自宅に置いて自宅供養する
  • 加工して手元供養する
  • 散骨(海洋、山など)で供養
  • その他

分骨して供養について

遺骨を分けて保管、供養する方も増えています。子供さんの家(親子で別世帯)の場合に複数遺骨を分けて分骨し、それぞれ供養する方法です。分骨用の容器を別途用意する場合が一般的です。

ペットの供養について考えることが大切です

時代背景から考えてみても、そろそろペットの供養のあり方を考える時期がきているのではないでしょうか遺骨を自宅へ置く場合は、長期保管できる衛生的な形で自宅供養してあげましょう。それがあなたと一緒に生きたペットへの心のこもったご供養になると思います

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『仏壇のある暮らし|翁家具』のブログ運営者。
『仏壇台・仏具の通販専門店|GG木香』『通販7得』などのネットサイトでは、皆様のお蔭で実績を残させていただきましたが、もしもドロップシッピングサービス終了に伴い、『仏壇のある暮らし|翁家具』ブログ執筆に専念。仏壇台の通販や仏事の経験を踏まえ、仏壇のある暮らしのお役立ち情報などを「翁の知恵」として発信します。今後もお楽しみください。

目次
閉じる