いい仏壇でクーポン発行&お仏壇のご成約で 最大10万円分のギフトカードを贈呈!

仏壇を置く台はニトリのチェストか仏壇専用台どちらが良いですか?

仏壇を置く台としてのニトリのチェストは、ローチェストチェスト、ハイチェストが色々あっていいですね。部屋の雰囲気に合わせて色々選べるところが良いところですね。しかし、仏壇を置く台は、選んだ仏壇によっては、仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)が必要となる場合があります。仏壇を置く台として、仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)はどんなときに使うのか、また仏壇を置く台として仏壇専用台の選び方などについてご紹介します。

目次

仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)の用途について

仏壇には、 床の上に置く大きい仏壇と、上置き式のコンパクトな仏壇があります。自宅に仏間がある場合、大きなサイズの仏壇を設置できますが、最近では場所を取らないなどの理由から、上置き式の仏壇を選ぶ方が増えています。仏壇を置く台として、仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)とは、それらの仏壇の下に置く台のことを指します。

仏壇は御本尊をおまつりする場所で、位牌を安置する場所でもあるといわれています。御本尊や仏様をまつる仏壇は、家の中のふさわしい場所に正しく設置することが望ましいと思います。上置き式の仏壇は、床へ直に置くと、正座でお参りをするときに御本尊を見下ろすかたちになってしまいます。お参りのときに御本尊を見下ろすのは失礼にあたるとよく言われるため、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)に仏壇をのせるのは、仏壇の位置を高くして御本尊や仏様を尊重する意味もあるということです。

また仏壇では、ろうそくやマッチ、線香などを使います。故人を偲ぶ思い出の品などを仏壇近くに置く方も多いのではないでしょうか。仏壇を置く台として、ニトリのチェストに比べ、仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)を使うと、仏壇周りに置きたいものを収納できるので、仏具や大事なものの整理、保管にも役立ちます。

仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)と普通の家具との違い

上置き式の仏壇は通常、床にそのまま置くことはせず、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)の上に置きます。ただし、ニトリのチェスト中でも、仏壇を置ける家具がある場合には、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)を用いず家具の上に仏壇を置いても特に問題はないと思います。

ところが、仏壇を置く台として普通の家具(ニトリの家具等)だと横幅や奥行きなどが足りないことがあります。仏壇を小さい家具に不安定な状態でのせていると、地震が起きたときの揺れなどで落下する恐れがあるため、置き方には充分に注意が必要になります。

仏壇は非常に重いので、仏壇を置く台として家具の天板の耐久性にも気をつけなければなりません。購入前には仏壇の大きさや重さ、家具の丈夫さをしっかりと確認してから購入しましょう。

仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)と普通の家具(ニトリの家具等)、どちらに仏壇を置いても大丈夫ですが、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)はそもそも仏壇をのせるために作られたものなので、仏壇を置いたときの安定感があり使いやすいなどのメリットが多いと思います。

仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)の選び方

参考:仏壇の高さの目安

仏壇には、「唐木仏壇」「金仏壇」「モダン仏壇」などの種類があります。黒檀(こくたん)などの木材の木目を活かした、落ち着きのある佇まいが魅力の「唐木仏壇」。白木に漆を塗った外観と、内部に金箔を施した豪奢な仏壇が「金仏壇」です。これら伝統的なデザインの仏壇に対して、「モダン仏壇」は洋室のインテリアにも違和感なく溶け込む、現代的なデザインの仏壇です。

仏壇を置く台として一口に仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)といっても、ものによって大きさや色、収納方法などが異なります。仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)を購入するときは、自宅の仏壇に適したものを選ぶことが大切です。ここからは、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)を選ぶ上でのポイントをいくつかご紹介します。

●高さ

仏壇は御本尊や位牌を納めている場所なので、お参りするときのために、ある程度の高さに設置する必要があります。また仏壇は、基本的に扉を開けたままにしておくものなので、あまり低い場所に設置すると、香炉や花立などの仏具にぶつかって倒してしまう恐れがあります。もしも、ぶつかって仏壇を壊してしまった場合、高額な仏壇を買い替えなければならなくなるため、くれぐれも注意が必要です。

お参りするときに便利な高さになっているか、室内の動線から考えて危険な高さになっていないかなどに気をつける必要があります。正座ではなく椅子に座ってお参りしたい場合には、椅子の高さも考えて選ぶとよいでしょう。また、仏壇を置く台として椅子付きの仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)なら高さを合わせる必要がないため、はじめから椅子付きのタイプを選ぶのもおすすめです。

●デザイン

自宅に和室がない場合や、和室があっても洋室に仏壇を置きたい場合には、部屋の雰囲気に合ったデザインのものを選ぶとよいでしょう。仏壇がモダンタイプで洋室のインテリアに合わせやすい場合、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)はシンプルなデザインのものにすると、まとまりが生まれて洋室にもよく馴染みます。

逆に、唐木仏壇や金仏壇などの和風デザインのものには和室が似合い、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)も和風のものがマッチします。仏壇と仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)は、漆や白木など、材質や色などに統一感を持たせると、さまざまなインテリアに合いやすいと思います。自室に合うデザインのものを選ぶことで、大切な仏壇を違和感なく理想の場所に設置できることでしょう。

●サイズ

仏壇には、扉の内部に位牌や花立、香炉などをまつります。上置きタイプの仏壇の場合、遺影やミニ骨壺などの手元供養品は仏壇の外に置くことが多いので、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)には物を置ける充分なゆとりが必要です。ただし、仏壇よりも仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)が極端に大きいとバランスが悪く、デザイン性も損なわれるので、仏壇のサイズより少し大きい程度のものがおすすめです。あらかじめ仏壇の幅や奥行を測っておき、仏壇周りに置きたいものを考慮しながらサイズを決めると良いと思います。

1万円以下

1万円~2万円

2万円~3万円

3万円~4万円

4万円~5万円

5万円~6万円

6万円~

仏壇を置く台まとめ

今回は、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)の用途や普通の家具との違い、仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)を購入するときの選び方のポイントなどについてご紹介しました。仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)には様々なものがあります。仏壇を置く台として仏壇専用台(仏壇台・仏壇下台)の選び方がわからない場合や気になることなどがある場合、また葬儀や法要などでお悩みの方や、葬儀について知りたいことがある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

いい仏壇で仏壇店・仏具店で仏壇を置く台・仏壇専用台・仏壇台・仏壇下台を探す

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

『仏壇のある暮らし|翁家具』のブログ運営者。
『仏壇台・仏具の通販専門店|GG木香』『通販7得』などのネットサイトでは、皆様のお蔭で実績を残させていただきましたが、もしもドロップシッピングサービス終了に伴い、『仏壇のある暮らし|翁家具』ブログ執筆に専念。仏壇台の通販や仏事の経験を踏まえ、仏壇のある暮らしのお役立ち情報などを「翁の知恵」として発信します。今後もお楽しみください。

目次
閉じる